いくらの美味しい季節になりました

こんにちは。
今日で9月も終わり。
北海道は秋真っ只中です。
北海道の秋の味覚といえば、鮭。
今年も須田商店自慢の一品「いくら」が美味しい季節となりました。
ぷりっといくらの皮をつぶして食べるときに広がるジューシーな味わい。
皮の柔らかさ。
一度食べたらほかのいくらでは満足できません。
(実際、外食ではいくら丼を食べたことがありません)

鮮度が命で、日持ちがしない商品なので、すぐに食べきらなくてはいけないのですが、
余ってしまう・・・・と心配する必要のないくらい食が進みます。

炊き立てのご飯、必ず用意してくださいね。
あるいは美味しい日本酒を。

一人でも多くの皆様にこの須田商店の特製いくらを食べていただいて、幸せな気分になっていただけるとうれしいです。



posted by 須田商店 at 2007年09月30日 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。